社会人が本当に必要なビジネススキル

業種関係なくビジネスに必要となるビジネススキルを紹介します。習得することで年収を数倍UPさせた自分の実績をベースに書いていきます

何故CxOという呼び方をするのか【理解しておくべきポイント】

現在では、企業の上層部に対して、「社長」「執行役員」という名称よりも「CxO」という名称が使われるようになったかと思います。会社員であれば、その理由をポイントだけでも理解しておく必要があります。

よくわからない役職の責任を明確化したもの

まず、結論としては、マネジメントの観点で責任を明確化するため、となります。

執行役員と言われても何をしているのか分からん

例えば、名刺交換して、執行役員と書かれていても、その人がに何をしているのか、正直わかりません。
そこに対して、CxOは、役割における執行責任者を明確にするために、別れています。

主要なCxO

役割を明確化されたCxOはいくつかありますが、Googleで検索すればいといろ出てきますが、以下のページなどに記載されています。

https://kigyolog.com/article.php?id=655#3-3

管理のみでなくプロフェッショナルな実行が必要

役割が明確化された執行責任者と言われると、部長のイメージも持てますが、異なります。CxOは、管理だけでなく、自らがプロフェッショナルであり自ら最前線を走っていくことが求められています。