社会人が本当に必要なビジネススキル

業種関係なくビジネスに必要となるビジネススキルを紹介します。習得することで年収を数倍UPさせた自分の実績をベースに書いていきます

【新入社員も知っている?】損益計算書(PL)の見方

会計には、「財務会計」と「管理会計」がありますが、今回は「財務会計」で利用する財務三表の1つである。損益計算書(PL)の見方について改めて見ていきます。

※「財務会計」と「管理会計」については以下

www.wisdom-advance.com

 

損益計算書(PL)を見たことがない人はあまりいないと思いますが、見方をしっかりと理解しているでしょうか?

 

日々のニュースで赤字だのなんだの報道がありますが、PLで言うとどの部分を言っているのか、しっかり理解しておく必要があります。

 

 

損益計算書(PL)で見るべき5つのポイント

PLを見る時は、以下の5つのポイントを見てください。

 

  1. 売上総利益
  2. 営業利益
  3. 経常利益
  4. 税金等調整前当期純利益
  5. 当期純利益

 

PLでは、ビジネスにおいてどれだけ売上を上げて、どれだけコストが掛かって、どれだけ利益が残ったかを表します。

※PLがなにを表すかは以下も見てください

www.wisdom-advance.com

 

それぞれコストが掛かるタイミングで、利益がどれだけあるのかを確認することで、ビジネスの状態が分かります。

 

5つのポイントで分かること

では、5つのポイントでそれぞれ何が分かるのか、見ていきましょう。

f:id:wisdom-advance:20200923231849p:plain



 

1. 売上純利益
  • サービスを作った段階での利益が分かる。粗利と言われるもの
2. 営業利益
  • 本業ビジネスからの利益がわかる
3. 経常利益
  • 本業ビジネスの利益に財務活動の結果を加味したものが分かる
4. 税引等調整前当期純利益
  • 経常利益に一時的(当期のみ)な損益を加味したものが分かる
5. 当期純利益
  • 最終的な利益で、純粋にのこる利益

  

 

このように5つのポイントをみていけば、ビジネスでどのくらい売上をあげて、利益がどのくらい残っているのか分かりますので、実際に損益計算書(PL)を見て確かめてくださいみてください。