社会人が本当に必要なビジネススキル

業種関係なくビジネスに必要となるビジネススキルを紹介します。習得することで年収を数倍UPさせた自分の実績をベースに書いていきます

【社会人なら知っておくべき会計の種類】管理会計と財務会計

社会人のあなたでも会計と言われると、少し近寄りがたいイメージがあるのではないでしょうか?

 

しかし、社会人であれば、会計について知っておく必要があります。なぜなら、社会人の価値は、常にお金で評価されるものだからです。

そのお金のことを把握するために、会計を知っておかないと話になりません。

 

そもそも、会計の種類がいくつかあることをご存知でしょうか?

 

 

 管理会計と財務会計

会計は、

  • 「管理会計」
  • 「財務会計」

に分類されます。それぞれ異なる目的で利用されるため、2つに分類されています。

 

では、どのように使われるのでしょうか。

 

管理会計と財務会計が使われる目的

管理会計が使われる目的

「管理会計」が使われる目的は、

  • 会社内部のために経営環境を定量的に見える化し、問題解決や意思決定をしやすくするため

です。

会社の中で様々な意思決定をするときに、人々の個人的な意見だけを聞いて意思決定するのは、怖いですよね?というか、普通にしませんよね。

 

何かしら意思決定をするときは、事実が現れやすい定量的な数字をしっかり見て判断します。そのような数字を示すのが管理会計です。

 

財務会計が使われる目的

「財務会計」が使われる目的は、

  • 会社外部の株主や投資家のために、会社の状態を説明するため

です。

 

社外から資金を募る際や、融資を受ける際には、会社の経営状態がどうであるか、説明する必要があります。

その際に、使うのが財務会計です。

 

株主や投資家は、個々の会社の会計ルールに沿って数字を提示されても困りますから、財務会計には「ルール」がある。というのが管理会計と異なるポイントになります。

 

どのような場面で使われるか

「管理会計」が使われる場面

例えば、「なぜ営業部が目標を達成できないか、解決しなきゃ」という場面で使われます。

この時、KPIという指標を定めて、定量的に見えるか化し、課題解決/意思決定ができるようにします。

 

KPIについては、以下の記事で使い方を説明しています。

www.wisdom-advance.com

 

 

「財務会計」が使われる場面

財務会計は、「決算」の場面で使われます。

BS(賃借対照表)/PL(損益計算書)を用いて、会社の経営状態がどうであるかを社外に示します。

 

まとめ

会計の種類は以下の2種類に分類されることをしっかり理解しておいてください。

f:id:wisdom-advance:20200919232218p:plain

 

  • 管理会計: 
    • 会社内部のために経営環境を定量的に見える化し、問題解決や意思決定をしやすくするもの

     

  • 財務会計: 
    • 会社外部の株主や投資家のために、会社の状態を説明するもの