成功している社会人が学んでいるビジネスに役立つスキル集

読んでいただければ、あなたの目標や行動が実現出来るはずです。高収入である・効率よくビジネスをしている、そんなビジネスマン達が学んでいるスキルをまとめて紹介します

【良いプレゼンとは何か?】パワポ作成や話し方よりも重要なこと

 

プレゼンがなかなか上手くいかないなー。
どうすれば、プレゼンスキルを向上させることができるのだろう?

はい、お答えします。
プレゼンを向上させるポイントについてご紹介します。
本記事を読んだ後には、
・プレゼンスの際に意識すべきこと、プレゼンスキルを学ぶ方法が明確になります!

 

本記事の内容
・プレゼンスキル向上の3つのポイント
・3つのポイントが重要な理由
・プレゼンスキルを向上させる具体的な方法
・プレゼンスキル向上のためにオススメのコンテンツ!!

  

 

プレゼンテーションで一番大事なことはパワポ作成や話し方じゃない

プレゼンテーションと聞くと、綺麗な資料があって、かっこよく話している絵を浮かべる方も多いと思いますが、そこを目指しても上手くいきません。

資料作成や話し方よりも、大事なことがあります。

 

重要なのは3つの事前準備

プレゼンテーションで一番大事なのは準備です。準備において大事なことは以下の3点です。

  1. プレゼンテーションの目的を明確にする
  2. 聞き手を理解する
  3. 聞き手の導き方を決める

1つずつ見ていきます。

 

1. 目的を抑える

プレゼンが終わった時に、聞き手にどんな状態になって欲しいかを具体的に考えることです。

 

2. 聞き手を理解する

聞き手について情報を収集し、何が効果的なのか洞察することです。

 

3. 聞き手の導き方を決める

1. 2. を踏まえて、「何を」「どのように」聞き手に伝えていくかを決めることです。

 

 

具体的に何をするのか

では、具体的になにをすればよいのか、解説していきます。

 

1. 目的を抑える

目的を抑えるために、まずは、プレゼンの状況設定を確認してください。この際は、5W1Hなどのフレームワークを利用することがよいです。

また、以下の状態の段階に沿って、聞き手をどの状態に持っていきたいかを明確にする必要があります。

今の状態 ⇒ 興味を持つ ⇒ 共感する ⇒ 納得する ⇒ アクションする

 

2. 聞き手を理解する

 聞き手を理解するにはまず、意思決定に影響を及ばす人はだれかを具体的に考える必要があります。

また、以下のような点についても理解しておいた方がよいかと思います。

  • 聞き手の状況: 地位や立場、性格など
  • プレゼンテーマについての興味: 興味があるか、困っていることがあるか
  • 聞き手と自分の関係: 聞き手が自分についてどの程度知っているか

 

3. 聞き手の導き方を決める

聞き手の導き方を決めるにあたって、「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」を考える必要があります。

 

まず、「何を伝えるか」ですが、以下の手順で考える方法がよいと思います。

  1. 聞き手の疑問を推測して洗い出す
  2. 優先順位をつけて、どの疑問に答えていくかを絞り込む
  3. 絞り込んだ疑問に対してメッセージを考える
  4. メッセージを支える根拠を考える

 

次に「どのように伝えるか」ですが、プレゼンのストーリーラインを作る上で注意すべき点がありますので、考慮してみてください。

  • 聞き手が知りたいことに、なるだけ早く到達する
  • 時間配分を聞き手の興味を優先して決めていく

 

そもそもプレゼンの成功とは

そもそもの話になってしまいますが、プレゼンの成功とは、

聞き手を動かすこと

だと思っていますので、そのために必要な準備が一番大事と考えています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

プレゼンスキルを学ぶ時間を作ろう!

「プレゼンスキル」を磨く上で、重要なポイントについて理解いただけたと思います。

 

実際にスキルを磨いていくには、学習コンテンツを利用するのがおすすめです。

私もこれらの学習素材を用いてスキルを磨いて、年収を上げることが出来ましたので。

是非ご覧ください↓

wisdom-advance.com